どこで頼むのが安くて楽?家具の引越し/運搬業者比較

2022年12月版

どこで頼むのが安くて楽なの?

かんたん!安い!
家具だけ引越し
一括比較

最大50%OFF!
引越業者は一括見積りがお得

重たい家具を運びたいそんなときはどこに頼めばいい?

実は引越業者がサービスがよく、費用も抑えられておすすめです

サービス近距離費用長距離費用
引越業者
らくらく家財宅急便
赤帽

大きく分けて重たい家具を運ぶ場合は通常の宅配業者には頼めず「引越業者」「らくらく家財宅急便」「赤帽」に頼むことになります。それぞれ評価の理由を解説します。

サービス比較について
梱包搬出配送設置処分
引越業者
らくらく家財宅急便
赤帽×

「引越業者」「らくらく家財宅急便」は梱包・搬出・設置・廃棄処分まで含めたサービスとなっているため自分で何もしなくても良く楽です。一方で「赤帽」はあくまで配送を行うサービスかつスタッフが1名のみでの対応になるため梱包・搬出・設置は手伝う必要があります。また廃棄処分についてはご自身で行う必要があります。

費用比較について
東京都内東京→大阪間
引越業者12,00022,000
らくらく家財宅急便23,375円26,345円
赤帽17,000円〜52,000円〜
※ダブルベットを配送した場合の見積で比較(都内は50km移動、東京→大阪間は400km移動の前提)

続いて気になる費用についてです。まず「らくらく家財宅急便」は近距離での配送の場合は他と比較すると割高に、長距離の場合はお手ごろ価格になります。「赤帽」はその逆で近距離での配送の場合はお手頃価格になりますが、長距離の場合は割高になってしまいます。

一方で「引越業者」の場合は近距離、長距離ともに他と比較してお手頃価格になる可能性が高いです。そのため大型の家具を運びたい、引越ししたいという時はまず引越業者から見積もりを取ることをおすすめします。

なぜ引越業者の方が費用が安くなるのか?

引越業者は数が多く競争が激しいため費用が安い傾向にあります

引越し業者は約3,000社存在すると言われており、大手3社で約95%のシェアを持つ宅配業者と違って競争が激しいです。そのため引越し業者に依頼する方が安くなることが多いです。

ならCMでおなじみの引越し業者に連絡してみよう!それはダメ!

相見積もりが必須

引越し業者依頼する際には”絶対”に複数社の見積りを取って安い業者を探すことがポイント!(最大50%OFFになることも)

面倒な見積りを一括でかんたんに!引越し一括見積りサービス

たった5ステップわずか1分!1度の入力で複数社へ見積依頼ができるからかんたんラクチン!しかも無料!365日24時間いつでも見積り依頼ができます。

引越し一括見積りサービスの流れ
  • ステップ1
    現在お住いの郵便番号入力
  • ステップ2
    引越し/配送先の都道府県・市区郡を選択
  • ステップ3
    引越し/配送時期・引越し人数または配送物を選択
  • ステップ4
    名前・メールアドレスを入力(電話番号不要
  • ステップ5
    引越し複数社へ見積り依頼

SUUMO引越でかんたん料金見積り

電話番号登録不要はSUUMO引越だけ!
営業電話の心配なし!
東証一部上場の「リクルート」が運営するサービスだから安心、メールで見積り確認ができます
※料金相場を確認するだけでもOK

なぜ一括見積りで引越しが安くなるの?

同じものを運ぶとしても引越業者によって見積り金額が変わるからです。

※あくまで例であり実際の見積りとは違う場合がございます。

引越し業者ごとに得意分野(単身向け/家族向け/短距離引越し/長距離引越し)、得意エリア(営業所が近くにある)に違いがあったり、1人あたりの人件費、トラック代、オプション費用などが違うため、同じものを同じ距離だけ運ぶとしても見積りは変わります。

そのため引越しを安くするためには複数の引越し業者に対して見積りを取り、最安値の業者を探す必要があります。

引越し見積りはお早めに

条件の良い引越し業者は先に埋まってしまいます。だから早めに見積りした方が安い!

3ヶ月前の見積りだったら最安値は21,600円だったが、

1ヶ月前だと条件の良い業者から埋まってしまい、最安値が34,200円と1.6倍の料金に。だから引越しが決まったらすぐに見積り依頼を出しましょう。※上記はあくまで例であり時期によっては値段が下がる場合もあります。

タイトルとURLをコピーしました